ビジネス回復性

ビジネス回復性計画によって危機的状況を自信を持って管理

ビジネス回復性は偶然身につくものではありません。今日の組織は、自然災害や新たな脅威など、さまざまな混乱に備える必要があります。大きな混乱に耐える能力は、ビジネスの成功と競争に勝ち続けるための重要な要素です。Archer Business Resiliencyにより、組織のミッション クリティカルなプロセスとシステムを特定してカタログ化し、事業継続と災害復旧のための詳細な計画を策定して、組織の混乱を未然に防ぐことができます。回復性リスクを可視化することで、危機が発生した場合に確実に迅速に対応できるようになります。Archerが事業継続ソリューションの構築に役立つ仕組みをご確認ください。

 

Archer Business Resiliency ソリューションの概要を読む

Archer Business Resiliency
Automate business continuity

迅速な対応のための準備

事業継続とIT災害復旧の計画、テスト、および実行を自動化して、危機的状況に際して組織が迅速に対応する能力を高めます。

Identify your organization's most critical business processes

ミッション クリティカルなプロセスを把握

組織の最も重要な業務プロセスとサポート テクノロジーを特定し、リソースに適切に優先順位を付けることが可能になります。

Expand visibility of risiliency risks

オペレーショナル レジリエンスの確立

回復性リスクの可視化の範囲を拡大して、経営幹部がリソースおよび予算要件を理解し、回復性プログラムに確信を持てるようにします。

Archerビジネス回復性のユース ケース

ユース ケースの完全補完によって多面的な課題に対応

Archer Incident Management

インシデント管理

With Archer Incident Managementにより、さまざまなインシデントのトラッキング、ワークフロー、解決までを一元管理して合理化し、インシデントによる業務の停止を未然に防止することができます。また、インシデントを分類して重要度をすばやく評価し、適切な対応手順の決定や対応チームメンバーの割り当てを行うことができます。

Archer Crisis Management

CM(危機管理)

事業継続、災害復旧、危機計画を発動するプロセスを自動化して、調整と整合の取れた危機対応を円滑化します。Archer Crisis Management により、事業継続チーム、災害復旧チーム、危機管理チーム間で、情報や優先度、また目標を調整することができます。

ARCHER BUSINESS RESILIENCY THOUGHT LEADERSHIP

Predicts 2021-Organizational Resilience.

ガートナーレポート-2021年の予測:組織の回復力

Archer-Key-Principals-in-Building-Operat

運用の回復力の主要原則

4 Steps to Build Business Resiliency Ima

ビジネスの回復力を構築するための4つのステップ